忍者ブログ
トールペイントや日々の出来事をお伝えします☆
[196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186

DSCN4249.jpg
今朝ベランダで何かが動いたと思ったら
今年初めての天道虫でした。
暗い気分を一瞬忘れさせてくれる訪問者に感謝です。

今回の地震で被害に合われた皆様お見舞い申し上げます。
行方不明のご家族が一人でも多く無事でいますように。

東北地方には比べ物にならないでしょうが
私の住む横浜も今までに経験した事の無い地震でした。
多分震度5だと思いますが震度7だとどうなってしまうのか・・・
高台にある我が家はつなみの心配はありませんが
海が近いので外出中につなみが押し寄せて来ると思うと怖いです。

いつもなら平日の午後は一人で家に居る時間でしたが
その日は珍しく息子が家に居て大変心強かったです。
息子は地震が長引き出し「やばいやばい」を連発していました。
私は台所の方で何かが落ちる音は聞こえたものの
動くことさえ出来ませんでした。
「早く止まって」と呪文のように唱えるだけで・・・

地震が止んだ途端に北鎌倉に向かっていた娘からメールが入りました。
この日は北鎌倉のお習字の先生宅でご指導頂く日で
私も一緒に行く予定だったのですが来週に予定変更したのです。

どこに居るのか尋ねると戸塚駅の少し手前とのこと。
その後娘は数時間に及び電車で待機させられました。
夜になって線路を歩いて戸塚駅に着いたものの
交通手段は絶たれ帰る術がありません。

船橋の両親に電話をすると液状化現象が起きて
水が染み出ているとの事でしたが無事を確認してホッとしました。
私が家の電話(NTT)から掛けると繋がり難くはありましたが
何とか娘の携帯も実家の電話にも繋がりました。
しかし、携帯同士の電話は全く繋がらず時間が経つ毎にメールも
なかなか届かなくなりました。
電話を受けていた娘を不思議そうに他の乗客が見ていたそうです。

夜になり主人から「やっとつながった!」と家に電話が入ったので
娘の事情を話すと迎えに行ってやるとの事。
しかし、道路は酷い渋滞。
「何時間かかっても行ってやるから」との言葉に
余震を考えると家族は一緒に居た方が安心だと思いました。

その頃娘は周りに居た高齢のおばあさんを支えながら
小学校に移動していたそうです。
「人も大勢居るし暖かいから大丈夫だよ」とメールが来ましたが
主人とは連絡が取れずもう向かっているようでした。

夜の11時過ぎに市営地下鉄が走り出したので自宅近くの駅で
主人と合流した娘が帰宅したのは日付が変わっていました。
テレビを見ていなかった娘は画面に映る光景に驚いていました。
その日はリビングに毛布を持ってきてみんなで寝ました。
興奮して明け方まで熟睡はできませんでしたが・・・

昨日は関内で教室を行いましたが勤務先で夜を過ごし
明け方帰宅した生徒さんも多くお休みが多かったです。
2名の生徒さんと地震の怖さを語り合いました。
ワシントンホテルの壁が少し剥がれ落ち
歩道とビルの間がパッカリ開いているビルもありました。
帰りにスーパーに寄るとパンの棚には何も商品が有りません。
帰宅してから「電池を買うのを忘れた」と後悔。

今日は押入れの奥に仕舞っていたキャンプ用のコンテナから
キャンドルや電池式ランタン、ガスランタン等を出しました。
キャンドルランタンとガスランタンは地震が起きた時に火災に
つながるので電池が切れた時の為にしか使えませんが
明日から始まるらしい計画停電を考えると
電池式ランタンは役に立ちそうです。

しかし、長い間入れっぱなしにしていた電池から液漏れしていて
使えない物もありました。
非常用に買っておいた電池も年数が経っているせいか駄目でした。
危機管理の無さを痛感させられ
これからは定期的にチェックしようと実感しました。

電池も売り切れが多いとの事ですが夏の間バラに使っていた
自動給水器用の単一電池が6本あったので2本を懐中電灯
4本はラジオ付きのランタンに使う事が出来ました。
子供が小さい頃よく行ったキャンプが役に立つとは・・・
当時はソーラー性は殆ど無かったので買っておくべきですね。

横浜より西の友人達が「大丈夫?」とメールをくれました。
売り切れの物が多いと伝えると
必要な物があれば送りますよと言って頂いて有難かったです。
私も以前住んでいた茨城の友人達に落ち着いてからメールをしました。
停電など大変な状態の人もいました。
また、父は秋田出身、母は長野出身なので親戚も多く心配ですが
私の周囲ではお蔭様でみんな無事のようです。

素人が考えても今回の地震で他のプレートも動き出すような
気がしますので対岸の家事ではなく明日は我が身だと肝に銘じて

準備をしたいと思います。

そう言えば何日だったか忘れましたが3月に入ってから
息子が「結局地震なかったね」と言ったのです。
「ネットか何かで予知が出ていたの?」と聞くと「うん」と。
その数日後3月9日に宮城県北部沖地震が起きました。
「この地震だったのかな?」と言うと「もっと大きいはず」と言いました。
今回の地震はその2日後に起きました。
息子は実家に行っているので出処は定かではありませんが…
ここ数日カラスの鳴き方が異常だったのも気になりますね。

眠っているYahooポイントはありませんか?
私もほんの少しですが募金しました。
こちらから
 





 電池式は何個かあるのでソーラー式のを3個購入しました。
3個購入すると送料無料になります。
電池も使えたら尚良いですが高いので
電池式と併用したら便利だと思います。
間に合わないかもしれませんが
停電中の友人等にも送ってあげようと思います。 
キャンプやアウトドア、そして防災グッズに大活躍!!
エコ!ソーラーパネル&充電池搭載【明日楽対...


追記
こちらの商品は在庫数以上に受注してしまったらしく
1人1個でお願いしますと連絡がありました。
謝罪の連絡もありこういう時だから仕方がないと思います。
商品自体はとても良かったので
計画停電が実施されている実家に送りました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
無題
こんばんは
色々、大変でしたね
mixiも開いておられませんので心配しましたが、ご無事が確認できてで何よりです。

東北地方は地獄の惨状ですね これ以上、被害が拡大しないようにお祈りしましょう。
ヒデ URL 2011/03/13(Sun)22:33:55 編集
ヒデさんへ
ご心配頂いてありがとうございます。

私の地域は本当に被害が少なく普通に買い物をしたり出来るのが
東北地方の方々に申し訳ない位です。
明日の計画停電も私の住む地域は入っていませんでした。
でも、明後日はわかりませんし備えあれば・・・ですね。

本当に一人でも多くの命が助かりますように・・・
マカロン 2011/03/13(Sun)22:50:19 編集
怖かったでしょう
こんにちは。
まだまだ余震が続いている中、お見舞い申し上げます。
娘さん、無事帰宅できて良かったですね。
私は阪神淡路大震災のとき、本当に恐い思いをしましたが、全然比較にならないぐらいの被害でした。
でも主人が出張でいなかったので本当に不安で。。。

今回の被災された方々には本当にお見舞い申し上げます。
今もショックが大きく、大変な中、これからの事も考えると言葉が見つかりません。
ちょうど家族がばらばらの時間帯ですから、あまりに悲惨です。
後の復興も、原発の事も、気に掛かる事ばかり。。。

これからもまだまだ気をつけて下さい。
こちらの方も、起きない保証はなく、明日は我が身です。
家族で暮らせているだけでもなんて幸せなんだろうってしみじみ感じています。
今を大切にしていきたいです。
マカロンさんもどうぞ家族仲良く気をつけて下さい。
kebe 2011/03/14(Mon)16:54:54 編集
kebeさんへ
本当に家族が元気に生きているだけで幸せですね。
ニュースで手をつないでいた奥さんと子供が目の前で流されたと
涙ぐみながら若い男性がインタビューを受けていました。
お母さんと泣きながら叫ぶ少女や
父親とだけ連絡が取れないとうなだれる若者。
ほんの少し前までは家族と過ごす時間は当たり前だったはずなのに。

今日も何度か緊急地震速報のけたたましい音が携帯から
聞こえて来てその度にドキドキしてしまいました。
段々エリアが南に下がってきているようで怖いです。

kebeさんも阪神大震災の記憶が蘇って怖い思いをしましたね。
私は人事だと思っていただけにショックが大きく
今でもちょっと揺れただけで胸が痛くなります。
どうかこれ以上悲しい思いをする人が増えませんように・・・
マカロン 2011/03/14(Mon)17:11:31 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近はまっている事
ワイン、ネットでの買い物、薔薇
最新コメント
[11/26 music*マカロン]
[11/26 tyako]
[10/29 music*マカロン]
[10/29 tyako]
[09/05 music*マカロン]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
魔法の筆
HP:
性別:
女性
職業:
トールペイント教室講師
自己紹介:
日本手芸普及協会認定講師
大学生の娘と息子の母
東京生まれ、横浜在住

ブログ内検索
最古記事

Copyright © 魔法の筆☆ティータイム All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]